開催趣旨

未来に向けたポリウレタン産業の先端技術

ポリウレタンは、その誕生から80年以上の歳月をかけて我々の生活に劇的な変化をもたらし、生活に必要な素材としての確固たる地位を築いてきました。そして時代の流れと共に変遷する様々なニーズ対応し機能を付与することで、豊かな生活を支え、さらなる成長と発展を続けています。ポリウレタンは健康、環境といったテーマを実現するためになくてはならない材料であるとともに、それを素材とした様々な製品開発が期待されています。
この度、ポリウレタン材料の技術発展、製品普及に尽力されているPatrick W. Thomas氏、日本のポリウレタン研究の第一人者である長崎大学 古川睦久 名誉教授をお招きし、それぞれ「Polyurethanes in Circular Economy」、「Future Prospects in Polyurethanes」と題した基調講演をしていただきます。また、様々な分野のプロフェッショナルの方々にも「環境・安全」「高機能化」「豊かな生活」等の見地から先端技術についての講演をしていただきます。
原料、機械メーカー、エンドユーザー、大学・公的機関、その他産業界より広くご参集いただき、ポリウレタン産業のさらなる発展のため、また産業界の今後の成長に向けて意見交換の有意義な機会となることを願い、ここに開催の概要をお伝えいたします。

お申し込み

PUフォーラムの
お申し込みはこちら

詳細は決まり次第
 お知らせします。

主催

後援団体一覧

  • ウレタン原料工業会
  • JUFA ウレタン原料工業会
  • 日本経済新聞社
  • PU Magazine International

開催概要

会期 2020年11月10日(火)-11日(水)
延期になりました。詳細は決まり次第お知らせします。
会場
名古屋コンベンションホール 詳しくはこちら
講演
内容
  • 「ウレタンに関わる環境課題や安全性問題と今後の方向性」
  • 「新規ポリウレタン原料や添加剤」
  • 「新たな市場に向けた材料の高機能化」
言語 日・英(同時通訳を予定)
主催
  • ポリウレタン国際フォーラム委員会
  • 公益財団法人ポリウレタン国際技術振興財団
後援
  • ウレタンフォーム工業会
  • ウレタン原料工業会
  • (株)日本経済新聞社
  • PU Magazine International

最新情報ニュース

2020/06/05
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、ポリウレタン国際フォーラムの開催を2021 年に延期することにいたしました。詳細日程につきましては、決まり次第当サイトにてお知らせいたします。
2020/05/15
サイトを公開しました

過去のフォーラム

2015年開催 ポリウレタン国際フォーラム

PAGE TOP